<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

キビキビ先生のお話

ぷっちは今日もバイオリンのレッスン。大体、月に2〜3回、土曜日に追加レッスンがある。

「もうすぐ夏休みですが、ぷっちは頑張っているのでご褒美に、夏休み中に2回、無料でレッスンをしますよ」と先生が言ってくれた。わ〜、感激。無料だなんて〜。

キビキビ先生が言うには、「ドイツの子はこの時期になるとすでに夏休み気分になってあまり練習をして来ない。親も「どうせもうすぐ夏休みなんだから」と思っているようだ。それは本当にドイツのよくないクセ。やるからには最後まできちんとやるべき。私も学期のギリギリまで真剣にレッスンをします」

先生はバイオリンのことだけでなく、たろっぴやぷっちの学校のこともすごく気にかけてくれている。

「ドイツの教育はダメだわ。サッカーの欧州戦の最中だから授業は休講だの、暑さ休みだの、なんだかんだと言ってちっともまともに授業をしないでしょう。教師達には責任感があるのかしら?もっとしっかり子どものことを考えて欲しいわ!

 学校教育だけじゃなく、音楽も同じ。ベルリンフィルへ行ってご覧なさい、オケには外国人しかいないから。ドイツにだって才能のある子はいる。でも、誰もそれを見つけてやらない。本当に困ったことだと思います。もちろん教師も人間だから、生徒との相性などはあるわよね。私だって苦手だなと思う生徒はいる。でも、そんな個人的感情で生徒の芽を摘むようなことはしちゃいけないわ。教師には生徒のポテンシャルを伸ばすという責任があるんです。学校の先生方ももっと責任を持って生徒の指導をすべきだと思う」

おーっ。これには感動した!

キビキビ先生は確かに厳しいけど、そんなに真剣な気持ちで指導に当たっていてくれていたとは。お金さえ貰えれば適当でいいやっていう気持ちで教えてくれてたら、やっぱりガッカリだもんなあ。
[PR]
by ongakunikki | 2008-06-29 06:07 | 練習記録

近況

あわわわ。すっかり記録を怠って.......

バイオリンの方。

たろっぴは O.Riedingのコンチェルト H-moll を練習中。ぷっちは小コンチェルトに奮闘中。

先週、ぷっちはまたバイオリンの先生に叱られた。指の角度を注意されてるのになかなか直らないということで。家に帰って来て「一生懸命頑張ったのにーっ」と泣いていたけど、「一生懸命やっていたのはおかあさん、見ていたよ。でも、一生懸命やっても間違えてることって、誰でもあるよ。注意されたらがっかりなのはすごくわかるけど、言われたことに注意して練習すれば、きっともっと上手になれるよ!」と言ったら、泣き止んで頑張っていた。

昨日またレッスンがあったのだが、先生、ニコニコして出て来て、
「ぷっちはよくやりました!先週は厳しくしてごめんなさいね。でも、ぷっちはちゃんとついて来る。嬉しいです!」
と褒めてくれた。よかったね、ぷっち。


ピアノ。

子ども達は来週末、発表会。普段練習している曲の中からそれぞれ3〜4曲弾くので、もう大体仕上がっている。

ぷっちの場合、ピアノの宿題はバイオリンのようにたくさん出されないし、先生がおっとりしているので、ぷっちの上達はバイオリンの方がピアノよりずっと早い。多分、倍速ぐらい。ピアノの進歩はかなりゆっくり。

別にそれでも構わないと思うので、私は黙って様子を見ていたが、でもこの頃ぷっちのピアノの練習を聴いていて、「1年前には出来なかったことが今は出来るようになってるんだもん、やっぱり進歩したんだな〜。少しづつではあっても毎日欠かさず積み上げていることは必ず形になって表れるものだな」と感じて嬉しくなった。

それに、弾いているのは簡単な曲とはいえ、ぷっちは楽しそうに弾いてるし。ピアノとバイオリンを両方続けているだけでもなかなかすごいことだと思うから、進歩のことなんて気にせずに、いつも褒めてやろうと思った。


さて、私はといえば........

最近、テクニック練習に時間を取られて、肝心の曲がなかなか進まないのだが、小プレリュードは2声の曲は全部上がった。これからの3声が難しいんだよね〜。

もうじき夏休みでレッスンがお休みに入る。去年の夏休みはモーツァルトのソナタを勝手に自主練して、第一楽章がなんとか弾くだけなら弾けるというところまでで終わってしまったのだが、今年も再チャレンジしてみよう。

もしかしたら、去年よりは少しは楽に弾ける、かな?
[PR]
by ongakunikki | 2008-06-27 17:53 | 練習記録

ぷっちもステップアップ

ピアノしかやっていない私の目から見ると、バイオリンというのはとても不思議な楽器に見える。

ピアノには分数楽器がないから、子どもは指が届かなくて、大人用に書かれた曲を弾くのは困難。一般に、子どもは子供用のピアノ曲を弾くものだと思うんだけど、バイオリンは違う。

習い始めたばかりの頃は、音を出すだけで精一杯。でも、基本的なことをおぼえたら、わりとすぐに曲らしい曲が弾けるようになる。ピアノだと、聴き応えのある曲を弾けるようになるまで、かなり何年もかかる気がするんだけど。(それは私だけかな?)

1年半前にバイオリンを習い始めた子ども達。これまでは簡単な練習曲集を中心に練習して来た。たろっぴは3冊目の曲集の前半が終わったところで、Kuechlerの小コンチェルトを練習することになったのだが、これが始まったとき、私はすごくびっくりした。

だって、それまでの練習曲は一曲せいぜい30秒くらいの短いものだったのに、突然、全楽章通しで15分以上もの長い曲になったから。難易度も一気に上がったように、素人耳には聞こえた。

実際には、この小コンチェルトは技術的には難しくなく、3冊目の練習曲集が大体できていれば問題なく弾けるそうだ。

これを練習し出してからは、当然のことながら、たろっぴは何ヶ月もこの曲にかかりっきり。その間にぷっちも3集目の練習曲集に進み、差は大分縮まって来た。もう少し!

でも、先日の発表会では、短い曲を弾いたぷっちよりも長い曲を弾いたたろっぴの方がインパクトが大きく、お客さんには「レベルが全然違う」風に映ったと思う。たまたま参加したのはほとんどが低学年の生徒で、たろっぴは大きい方から2番目だったことも手伝って、「さすが、大きい子は難しい曲を弾くのね〜」「たろっぴ君、上手だったわよ〜」なんて、たろっぴはよそのお母さんに褒めてもらった。

ぷっちは大ショック。。。。。。たろっぴに追いつこうと頑張ってるのに、って。

それが今日のレッスンで急展開した。レッスンから出て来たぷっち、

「私も今日から小コンチェルトを始めることになったの〜!!!!」

すっごく嬉しそう。家に帰って早速、練習していた。よかったね〜。これで数ヶ月後にはぷっちもカッコいい曲が演奏できることになる。

上の子と一緒に同じことをさせると、下の子が劣等感を持ちそうでマズいな〜と思うことが多々あるが、逆の見方をすれば常に目標があるということで、「とうとう自分もこの曲が弾ける!」と思ったときの喜びは大きいのかもしれない。
[PR]
by ongakunikki | 2008-06-06 02:57 | 練習記録

音楽教育の目的

昨日のレッスンの後のお喋りの内容の一部を記録。

先生の生徒の一人にMさんという若い男性がいる。20歳前後で、ピアノを始めたのは3年だか4年前だそうだけれど、私よりずっとうまい。(ま、これは当たり前ね)

そのMさんは音大で勉強したいと言っていて、ご自身でライプツィヒ音大の受験要項など取り寄せたらしいが、受験資格が厳しくて無理だと諦めたそうだ。

「自分から諦めると言ってくれて、正直ホッとしました。彼は頑張っているし、とても上達が早いけれど、音大の入試は3〜4年レッスンをやった程度ではやはり無理ですね。でも、講師としては生徒のやる気をくじくような発言は心苦しくて、なかなか言いづらいです」

そ、そうだよね.........

「ボクの時代から比べても、ますます音大受験者のレベルは上がってるんですよ。ドイツ人だけが受験するならいいですが、今や世界中から受験者が来るでしょう。音楽教育がのんびりしているドイツの子はなかなかチャンスがないですよ。ロシアの子達とか、練習にかけるエネルギーやレッスン法が全然違いますから」

先生がそう仰るまでもなく、地元の受験生が英才教育の盛んな国からの受験者に完全におされていることは当然、知っていた。

最近、ドイツの高校では授業内容を音楽に特化して、音大受験を目指す生徒をその方向に向けて準備するという学校も増えて来ている。うちの近くにもいくつかある。

「ああいうのって、どうなのでしょうか。音楽を仕事にしたいと思う生徒のためのサポートプログラムがあること自体はいいことだと思うけれど、ギムナジウムの音楽科やタレントクラスに入ったとしても、全員が音大に進めるわけじゃないし、うまく行かなかったら他の分野に軌道修正することも難しいのではないですか?」と私は聞いてみた。

「う〜ん。ボクはその辺り、あまり詳しくないんですけど、ただ言えることは、現在の音楽教育の目的は特別な才能を持つスター演奏家の発掘に集中し過ぎているってことです。人よりも早く始め、人よりも技術を身につけ、人よりも認められるようにって、すっかり競争になってしまってます。

真の才能を持つ演奏家を育てることはもちろん大事だけれど、ボクは、音楽大学というのは、本来、普通の音楽家のためにあるべきだと思うんです。いくら才能溢れる演奏家が出現しても、聴き手が育っていなければ何もならないでしょう。音楽教育は一握りのスター候補生のためにあるのではなくて、文化を広めたり深めたりするためにあるべきじゃないかな。

最近はコンサートの客年齢がすごく高くなってますよね。これで後10年、20年したら、もう音楽を聴きに行く人はいなくなりますよ。それに、せっかく発掘したはずの若手演奏家も、数年だけ脚光を浴びてその後消えて行くケースも多いです。音楽って一体、何なのか?ただの競争なのか?ボクは今の音楽教育の流れには疑問を感じます」

なんかいろいろ考えちゃった........
[PR]
by ongakunikki | 2008-06-03 19:28 | 練習記録

発表会シーズン

日曜日は子ども達のバイオリンの発表会だった。

去年はぷっちが一番新米で最年少だったのに、いつの間にか一年生がたくさん入って来ていて、ぷっちは古株とまではいかないけど、真ん中辺りに演奏した。

暑くてちょっとダレてたのかな?いつもよりインパクトのない弾き方であれっ?っと思ったけど、本人は満足したみたいなのでよかった。

たろっぴはKuechlerの Concertino第一楽章を演奏した。会場は教会の建物だったので天井が丸く、音が良く反響して、実際よりも上手に聞こえたゾ。長い曲だから、ところどころ音を外してもあんまり目立たないのと、あと......... 奮発していいバイオリンを買ってやったので、楽器に助けられた部分も大いにあったかな〜。

ぷっちにも良い楽器、買ってやりたいなと思った。今回は兄妹で音質の違いがあまりにも目立っちゃって、ちょっと可哀想だったから。

バイオリンの発表会が終わってやれやれと思ったら、4週間後にピアノの発表会だって。忙しいな〜。

今日の私のピアノレッスンでは、またハゲツル先生といろいろお喋りしたんだけれど、その内容については改めて。
[PR]
by ongakunikki | 2008-06-03 03:20 | 練習記録