<   2008年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

音は身体の中にある

最近読んでとても面白かった本。

茂木健一郎/江村哲二 音楽を「考える」

内容が濃くてとてもまとめられないので、まえがきの中から特に示唆に富んでいると感じた部分をメモっておく。

ーーーー引用開始ーーーーーー

 いま存在しないものを新たに生み出す「創造」ということ。そしてその能力を備えた私たちの「創造性」ということを考えていると、ちょっと不思議な気分になります。
 私たちは必ずひとりで生まれてきます。母のお腹からおぎゃあと生まれたその瞬間からその人はその人の環境によって育っていきます。その人とまったく同じ環境を持った他人は存在しません。一方、音楽にかぎらず芸術活動の厳選は自己表現欲求です。そしてその表現欲求というものもその環境から生まれているものと考えると、誰ひとりとしてまったく同じ環境を持った他人は存在しないわけですから、誰しもがその人なりの独創性-創造性を備えた存在が私たちヒトではないかと思えます。
 私は作曲という創造的な営みを行っているうちに、このような楽曲を書いている自分と言う存在が大変不思議に思えてきました。この楽想、このアイディアは一体どこから来るのだろう。その答えは簡単です。自分の脳内にある神経細胞からです。それ以外にありません。しかし、その網状の神経細胞からなぜそのようなことが起きるのか。なぜ音楽が頭の中で響き渡るのか、そもそも空気の振動としての音ではない、脳内にあるいわば仮想としての響きを聴いているということは一体どういうことなのか。それが不思議でなりませんでした。

(中略)

 冒頭に、いま存在しないものを新たに生み出す「創造」ということ、と書きましたが、私たちの創造性はそんな神様みたいなことではなく、自分自身が現実の世界に在るものを見たり聴いたりしたことによる経験の積み重ねによって培われた資源が、脳内に長期記憶として蓄えられ、それが何らかの外部刺激によって想起され、そのときにその複数が組み合わさることで元のかたちが変貌して意識の中に創発されているらしいということも分かってきました。すると、作曲するということはそれを「聴く」ということにほかならないことになります。


ーーーーーー引用終わりーーーーー

作曲するということは、自分の中にある音を聴くことだとすれば、演奏するということもやはり自分の中の音を聴くことなのだろう。

そして、人が奏でた音楽を聴いて感動するということもやはり、耳から入ってきた音と自分の内なる音を重ね合わせているのだろうと思った。
[PR]
by ongakunikki | 2008-02-27 03:55 | 音楽メモ

高瀬アキさんのライヴ

一度聴いてみたいと思っていたベルリン在住のジャズピアニスト、高瀬アキさんのライヴに行って来た。

ジャズのステージは始まるのが夜遅いので、なかなかベルリンまで聴きに行くことができずにいたが、昨日はポツダムのホールで夜9時からの演奏だったので、ようやく実現。それでもかなり遅い時間だから、子ども達は誘わず私一人で。楽しみだった。

が、ここでショックなことを書かなければならない。

演奏が始まった瞬間、驚きのあまり、身体が硬直してしまった。あのような演奏をするピアニストは全く初めてだったので........

最前列のピアノの真横に座ったので、身体の動きがよく見えたのだが、まず、腕と指の動きにビックリ。肘から手までがピンと張っていて、もの凄い指先の力で鍵盤を叩いているように見えた。打楽器的な奏法?(って、ピアノはもともと打楽器か......)

一般的な意味での硬質な音ともまた全然違って、何といったらいいのかな。硬直?しなやかさというものとは対極にあって、とにかく、私がこれまでに抱いて来たピアノという楽器に対するイメージが完全にバラバラになってしまうほどの衝撃だった。

これまでもジャズライヴは結構聴いたんだけど、そのどれとも似ていない。ゲンコツは出る、肘は出るの仰天奏法。

今回のライヴは「ファッツ-ウォラー プロジェクト」というものだったが、ピアノだけでなく他の楽器のプレーヤーも含めた全体の音が私にはかなりショックなもので、また、ボーカルの声も好きになれず........

逃げ出したくなったコンサートというのは生まれて初めてかも。そして実際に、耐えきれずに休憩のときに帰って来てしまった(爆)だって、まったくリラックスできなくて〜。

もちろん、高瀬アキさんは欧州では絶大な人気と高い評価を誇る演奏家で、私がこう書いたからといって、彼女の芸術性を否定するものでは決してない。まあ、私にはわからなかったということかな。

こういう経験もまた、何かの役に立つのかもしれない。
[PR]
by ongakunikki | 2008-02-25 17:21 | コンサート

連弾

レッスン日。

あんまり進んでない状態でレッスンに行ったんだけど......


シューベルトのワルツは合格。これは急に感覚が掴めるようになった。メンデルスゾーンの「ベネツィアの舟歌」を初めて見てもらう。いまのところまだヨボヨボだけど、一通りは弾けるようになったから。

「左での指がくっつき気味なので、もっと自然に開いた状態にしてくださいね」が注意事項。

バッハは通しで練習せずに、4小節くらいづつぃ区切って練習するとよい、とのこと。

ブルクミュラーの「貴婦人の乗馬」はまあ、それなりに。もうちょっとアクセントをつけること。

ショパンはまだ手をつけてもいない〜〜〜。なのに、続々と新しい課題が!

「左手の指の力が弱いので、嫌でなければ少し指トレしたほうがいいかも」ということで、楽譜を先生が用意しておいてくれることになった。それから、懸案だった連弾はメンデルスゾーンが自身で「無言歌集」を連弾用にアレンジしたものがあるので、それをやりましょうということに。さらに、グリーグの楽譜を用意してくださいという指示。

連弾は全然やったことがないから、楽しみなような、心配なような....... ぷっちも先生との連弾が始まったのだが、すごく楽しいと言っている。

ところでたろっぴが最近仲良くしている友達もピアノを習っている。たろっぴと同じ、「ロシア教本」をやっていて、たろっぴは現在2冊目の青本、その子はまだ赤本らしいんだけど、なんと彼は並行してバッハの小プレリュードを練習し始めた。たろっぴは小プレリュードはやらせてもらっていないので、「ううっ。ヤバい!」と焦って来たようだ。

ーーーーーーー

ついでにバイオリンの話。

最近ぷっちは練習後、「腰が痛い」肩が痛い」と言うようになった。子どもが腰痛だなんて変だなあ?と思っていたのだが、前回のレッスンのとき、先生が、「ぷっちがバイオリンが重いって言うので、量ってみました。そうしたら本当に重い楽器だったんですね。多分木材の質によると思うんですが、もっと軽いのに変えた方がいいかもしれません。工房に問い合わせておきますね」って。

え〜〜〜!丸一年も重過ぎるバイオリン担いでたの〜?

重いけど、そういうものだと思って我慢してたのかな?なんともまあ........
[PR]
by ongakunikki | 2008-02-18 23:22 | 練習記録

ピアノ練習状況

レッスン日。


ブルクミュラー 「つばめ」 上がり。先生は最後の曲、「貴婦人の乗馬」はやらなくてもいいと思っていたらしいけど、日本では学習者のスタンダードナンバーなので、やらせてもらうことにした。というわけで、新課題は「貴婦人の乗馬」

バッハ 小プレリュード BMW933 上がり〜♪ 新課題はBWV934。

シューベルト ワルツはもう一回。

メンデルスゾーン 「ベネツィアの舟歌」は時間切れで見てもらえなかった。

追加の新課題は、ショパンのワルツ。
[PR]
by ongakunikki | 2008-02-12 02:27 | 練習記録

グアルネリモデル

今日、たろっぴのバイオリンの肩当て(というのかな?)を交換しに、子ども達と一緒にバイオリン工房へ行って来た。

残念ながらマイスターはいなくて、奥さんが応対してくれた。

たろっぴの購入したバイオリン、Joseph Guarneriと紙に書いてあったけど、あれはどういう意味ですか?ドイツ製ですよね?と聞いたら、「あれはドイツ製のグアルネリモデルバイオリンです」という答えが返って来た。

な〜んだ、やっぱりそういうことだったのか。どうりで変だと思った。

約100年間にドイツではクレモナのグアルネリとストラディヴァリを真似たバイオリンがたくさん作られたのだそう。グアルネリモデルの方はエフロッホの下部が尖っていて、ストラディヴァリの方は丸みを帯びている。それが特徴だと言って、並べて見せてくれた。

ぷっちは、工房に下がっている楽器を見て、「いいな〜」と羨ましそうだった。

1/2バイオリンの値段をちょっと聞いてみたら、思ったほどは高くなくて、たろっぴの楽器の4割ほどの値段だった。そして、3/4に買い替えるときには下取りしてくれるという。

レンタルでも1年以上借りればそれなりの値段がするんだから、それなら買った方が得なのかな?とも思った。レンタルバイオリンは所詮最低ランクの音しか出ないんだし。
レンタル代には普通保険料も含まれているから、万一壊したときの修理代は個人が負担しなくてもいいという利点はある。でも、どうせ練習するなら、いい楽器を使った方がいいし、同じ工房の楽器に買い替えなければお金は戻って来ないということを除けば、購入の方が結局得なのかなあ。

というわけで、近々ぷっちが1/2に昇格するときには、Kogge & Gateauの楽器を買うかもしれない。
[PR]
by ongakunikki | 2008-02-06 04:13 | 練習記録

練習状況

明日の月曜日は学校がお休みのため、私のピアノレッスンもお休み。

しばらく記録してなかったが、ラインハルトは上がりになった。バッハの小プレリュード、ブルクミュラーの「つばめ」およびシューベルトのワルツは大体仕上がってきた。メンデルスゾーンの「ベネツィアの舟歌」は苦戦中。

ブルクミュラー25は先生はこの曲で終わりにするつもりらしく、それに続く曲集と連弾曲集を探している最中だそう。ブルク25の次はブルク18と言われるのかもしれないけれど、実はちょっと気が進まない。他の作曲家のがいいな〜。

ーーーーーーー

子ども達がバイオリンを習い始めて1年が経過した。たろっぴは、バルトークの「44のデュエット」という曲集と、KuechlerのConcertino op.11を開始した。Concertinoの方はちゃんと第四楽章まであって、第一楽章だけでもたろっぴの速さで弾いて3分45秒もある。上手い下手はともかく、なかなか聴き応えのある曲だ。一年経つと、こんな長い曲が弾けるようになるものなのだなあ〜。

ぷっちも少し前からEntezamiのエチュードに入って、頑張っている。1年間で導入教本と練習曲集2冊をほぼ終了。

二人とも、今年はどんなふうになっていくか、楽しみだな。
[PR]
by ongakunikki | 2008-02-04 01:16 | 練習記録

LANG LANG コンサート

待望のランランのコンサートへ行って来た。会場はベルリン-フィルハーモニー。

チケットが高くて、今回は私だけ。子ども達は「いいな〜」と羨ましがっていた。ゴメン!

プログラム:

W. A. Mozart Klaviersonate Nr.13 B-Dur KV 333

R. Schumann Fantasie C-Dur op.17

中国民謡6曲

Enrique Granados Los requiebros   「Goyescas」より第一番

R. Wagner オペラ「Tristan und Isolde」より Isoldes Liebestod

F. Liszt Ungarisches Rhapsodie Nr.6 Des-Dur

アンコールはシューマン「子どもの情景」より一曲(だったと思う)


学ラン風黒のスーツで舞台に出て来たランランはまず客席をぐるっと見回して各方向に向かってお辞儀。そしてピアノの椅子に座るか座らないかという時点でいきなり演奏し始め、会場は息を呑んだ。

彼の音は本当に角が全然なく、つるりと丸い。鍵盤を叩いているということを全く想像させないので、演奏中何度も、「これは本当にピアノの音なのか?」と思ってしまった。

音についてどう形容しても陳腐にしかならないから、無理に描写するのはやめておこう。

何よりも驚くのは、まだあれだけの年齢なのに、あの表現力は一体何なのだ?ってこと。どういう内面を持っている人なのだろうと思ってしまう。ピアノを弾いていないときには屈託がないのにね。音を聴いていると、「もしかして、この人には普通の人が見えないようなものが見えるのかしら。感覚的超能力?」とすら感じた。

そして、あれだけ曲の中に入り込んでいるのに、一曲弾き終わるとサッと切り替えて別の曲に入り込めるって、不思議.........

休憩のとき、隣に座っていたドイツ婦人が話しかけて来た。

「あの人は、ヨーロッパの演奏家とはまるで違うわね。スピリチュアルだわ。体全体が音楽になる.......ヨーロッパの人間にはなかなか理解できないこと。彼のことを、オーバーアクションだ、ウケ狙いだって批判する人も多いけど、そうじゃないと思う。あれは本当に彼の中から沸いてくるのよ」

選曲もとても良かったと思う。

軽やかなモーツァルトソナタから始まって、だんだんと勢いのある曲で盛り上げて行き、ラストはリストの超絶技巧で観客を興奮状態に持って行く。

終わって舞台から降りて退場したとき、ドアが完全に閉まらなかったので、廊下に出たランランが、「やった!うまくいったぜ!」というふうにジャンプしてる後ろ姿が見えた。

アンコールの後は、客は全員立ち上がって拍手。


最高のコンサートと言いたいところだが、残念ながら、演奏中に咳をしているお客さんが多くて嫌になっちゃった。冬場だからしかたないのかもしれないけど.......


次回は是非、私のためだけに弾いて欲しい〜。
[PR]
by ongakunikki | 2008-02-01 14:58 | コンサート