練習状況いろいろ

子ども達はバイオリンで、Danclaという作曲家の小曲をいくつか練習することになった。

「できればピアノの先生にときどき伴奏をお願いできるか頼んでみてください」とバイオリンの先生に言われたので、ピアノ譜を持ってハゲツル先生のところに行ったら、「このくらいなら、あなたにもできますよ。がんばってやってみたらどうですか?」と言われた。見ると、確かにそんなに難しくなさそう。何日か練習したら弾ける気がする。

子どものバイオリンとピアノで合奏したいという夢が実現しそうで嬉しい。今までも子ども達はピアノ譜つきの教本を使っていたのだが、私が伴奏できるようになるよりも早く子どもがその曲を合格になってしまうので、とても無理だったから。

ぷっちは少し背が伸びて、夏休みくらいには1/2のバイオリンに昇格する予定。彼女はとても楽しみにしている。


ーーーーーーーー

ピアノの方。

私は相変わらず次々に課題を出されて、抱えている曲が15曲くらいになってしまった。とてもではないが、練習しきれない。

でも、子どもの学校の宿題などとは違い、期限があるわけではないからゆっくりやればいいのだし、何よりも先生がどんどん展開していく様子が楽しくて、つい黙って課題を受け取ってしまう。だって、一つの曲を練習してると必ず、「そういえば同じような感じで、○○という作曲家の曲があった。あれもいいかも、、、、、」なんて、無限にファンタジーの世界が広がっていくようなのだもの。

そんな先生とうちの不思議娘ぷっちは最近、とても気が合うようだ。彼女も次々に新しいアイディアが浮かぶ方なので、二人が一緒にいると止まらなくなってしまう。45分のレッスンを60分に正式に延長することに私は同意したが、呆れたことに60分でも足りず、結局延びてしまう。今日なんて1時間20分もレッスンしていた。(長引いた分は先生のボランティア)

レッスンの終わりの方には聴音の練習をしたり、目をつぶって頭の中に鍵盤を思い浮かべ、「Eの音から始めると5度はどの音?」「Fの音で始めると4度はどの音になる?」と聞かれて答えるとか、そんなことを教わるようになった。

そういえば、しばらく前にぷっちのアイディアでメロディに調の異なる伴奏を合わせるという実験をやったことがあるが、それで先生は思い出したらしく、Charles Ivesという作曲家のCDを貸してくれた。この作曲家には意図的に異なる調で作った曲がいろいろあったようで、ぷっちの気に入るかもしれないと先生は考えたのだが、案の定、彼女のツボにはまり、ぷっちは喜んで何度も聞いていた。

こちら

私は面白いとは思ったし、決して不快ではなかったが、正直よくわからなかった。

ハゲツル先生は、「ぷっちは感性豊かで、教えているととても楽しいですが、これでは時間がいくらあっても足りません。それに、彼女の自由なところは大切にしてあげたいけれど、あまり枠からはみ出しすぎても良くないと思うので、ある程度はきっちりやらなければ」と言っていた。でもそれって親の私に対してというより、ご自身の反省というふうでもあった、、、、、

私としては、レッスンを無限に延長されたら困ってしまうけど、先生もぷっちも楽しくレッスンしているのだったら、やり方や内容には注文をつける気は全然ない。バイオリンのキビキビ先生はまた違うスタイルだし、そこでバランスが取れる面もあるだろうと思うので、どちらの先生にもそれぞれのやり方で教えて頂ければと考えている。

ぷっちのピアノの目標は「いつかモーツァルトのトルコ行進曲を弾くこと」だそうで、「先生。私はあとどのくらいしたら弾けるようになる?」と大胆質問をして、笑われていた。「そうだね。あの曲はもうちょっと手が大きくならないと上手に弾くのは難しいから、ぷっちがどのくらい早く大きくなるかにもよるね。でも、トルコ行進曲はまだ無理でも、モーツァルトの他の曲でそろそろできるものもあるから、少しづつやってみようね」と言ってもらって、本人はそれなりに納得。

なんだかぷっちの話ばかりになった。実はたろっぴはここのところ風邪気味でちょっと停滞中。
[PR]
by ongakunikki | 2009-02-27 07:34 | 練習記録
<< マルティン シュタットフェルト... ドイツの音大、アメリカの音大 >>