体格

ぷっちの1/2バイオリンは顎当ての形が合わずに痛がっていたので、工房に持って行って取り替えてもらった。いくつかあててみて、ちょうどピッタリだと選んだものは、4/4用のものだった。

ぷっちって、顎が大きいのかしら。。。

たろっぴのバイオリンも、今の楽器になってからすでに二度も顎当てを交換している。というのも、現在成長期でどんどんと顎の骨格が変わって来ているようで、変えても変えても合わなくなってしまう。

うーむ、そうか。4/4になったら楽器はそれ以上大きくならないけれど、弾き手はその後も体格が変わるわけで、楽器の体への乗り方も変わるんだね。

たろっぴとぷっちのバイオリンの音色は全然違い、たろっぴの音の方が硬質でシャープ、ぷっちの方が柔らかく厚みがあるのだけれど、それは弾き方や楽器の違いだけではなく、体型の違いにもよるのかなあ。
[PR]
by ongakunikki | 2009-06-02 23:05 | 練習記録
<< 妥協案 疲れてレッスン >>