神童

Ben Michael Jackson

マイケル-ジャクソンさん、安らかに。


Ben Connie Talbot

コニーちゃんの人生が幸せなものとなりますように!
[PR]
# by ongakunikki | 2009-07-01 23:21 | 音楽メモ

妥協案

私は音楽的才能がないので、子ども達の楽器の演奏を批判することはない。練習のときにもアドバイスはしてやれない。

だからそういう意味で音楽教育に熱心な親の部類には入らないけれど、子ども達が楽器を始めたいと言ったときに「自分が習いたくて習うなら、毎日必ず練習すること」を約束させた。かなり厳しい口調で言ったので、子ども達は一応、それを守って練習は続けて来た。

でも、性格的にたろっぴはどうも怠け者で、隙あれば楽しようとするところがあって、たった5分引いただけで「練習した!」と言うことが最近増えて来たので、昨日、本人と話をすることになった。

子ども達がそれぞれ二つの楽器を習っているので、毎日の練習の時間的コーディネイトは楽ではない。時間にしたら合計で正味2時間ちょっとに過ぎないけれど、ピアノは私も含めて三人が習っているから順番に練習しなくてはならないし、居間にあるから、誰かがテレビを見ているときにはピアノは弾けない。

なるべく本人達の自主性に任せたいと思いながらも、次々と練習してくれないと回らないので、私が「たろっぴ、ピアノをやりなさい」「ぷっち、今のうちにバイオリンを弾きなさい」と声をかけなくてはならず、子ども達は自分が何か別のことをしている最中にそうやって中断させられると機嫌が悪くなる。「言われなくてもやるのに!」と思うようだ。

しかし、本人達は「あとでやろう」と思っていても、急にお客さんが来ただの、出かける用事ができただのということがあると、結局練習のタイミングを逃してしまい、気がついたら夜9時でまだ練習を始めてもいない、ということになってしまったりする。

特にたろっぴは中学に入ってから、学校の宿題が山のように出るため、時間的にキツくなってしまった。帰宅するととりあえずはパソコンで遊んだりしたい。中学生だから当然の欲求だよね。でも、そんなことをしているとピアノ、バイオリン、宿題の3点セットを片付ける時間がなくなっちゃう。

楽器を二つ続けるというのは本人にとってストレスのようだし、私も練習しなさいとうるさく言うのに疲れるし、もう限界かな〜というところに来てしまった。

それで、「毎日二つの楽器を練習するのが大変なら、一つに絞ったら」と言った。本人はそう言われてグズグズと迷っていたが、私が「ちゃんと練習しないなら、レッスンに行ってもしょうがない」と強く言うと、諦めたのか「じゃあ、バイオリンにする」と答えた。

これには私も夫もびっくり。

てっきり、たろっぴはピアノを選ぶものと思っていたから。長くやっている分、ピアノの方がバイオリンより上手だし、彼にはどちらかというとピアノの方が合っているような気がしていた。しかし本人は、「ピアノはもうある程度弾けるようになったけど、バイオリンはまだ始めて2年で、弾けると言えるほどは弾けないから、今ここでやめるのは中途半端過ぎる」って言うの。私は「まだたいして弾けないからこそ、やめる」のかと思ったのに、逆のようだ。

「一つに絞れ」と言ったのは私なのに、意外な展開に困ってしまった。たろっぴは、ピアノはレッスンを受けなくても、好きなときに弾けばいいと考えたようだけど、彼の性格からして、課題がなければ練習もしない。練習しなかったらあっという間に弾けなくなってしまうだろう。引っ越しで二度も中断したとはいえ、通算6年も習ってそれなりに弾けるようになったのに、もったいない.......... 

彼が「もうやめたい」と思ったわけでもないのにやめさせるのは可哀想か。。。。。


とかなんとかごちゃごちゃ考えて、ようやく話がこのようにまとまった。

「たろっぴは、毎日両方の楽器を練習しなくても良い」

できれば両方練習するけど、無理なときは一つだけでもよし、ということにした。これで精神的な負担は半減するだろう。

その分、上達は遅くなるけど、完全にやめてしまうよりいいよね。。。。。
[PR]
# by ongakunikki | 2009-06-28 19:57 | 練習記録

体格

ぷっちの1/2バイオリンは顎当ての形が合わずに痛がっていたので、工房に持って行って取り替えてもらった。いくつかあててみて、ちょうどピッタリだと選んだものは、4/4用のものだった。

ぷっちって、顎が大きいのかしら。。。

たろっぴのバイオリンも、今の楽器になってからすでに二度も顎当てを交換している。というのも、現在成長期でどんどんと顎の骨格が変わって来ているようで、変えても変えても合わなくなってしまう。

うーむ、そうか。4/4になったら楽器はそれ以上大きくならないけれど、弾き手はその後も体格が変わるわけで、楽器の体への乗り方も変わるんだね。

たろっぴとぷっちのバイオリンの音色は全然違い、たろっぴの音の方が硬質でシャープ、ぷっちの方が柔らかく厚みがあるのだけれど、それは弾き方や楽器の違いだけではなく、体型の違いにもよるのかなあ。
[PR]
# by ongakunikki | 2009-06-02 23:05 | 練習記録

疲れてレッスン

バイオリンの先生の都合で、ぷっちの水曜のレッスンを木曜にできないかと言われた。

しかし、木曜日はぷっちは学校の体育の授業で2時間連続水泳があり、放課後すぐピアノのレッスンが60分ある。その後バイオリンというのはどうだろうかと思うと事情を言うと、「じゃあ、一度だけやってみて無理なら別の日を考えましょう」ということになった。

ピアノのレッスンにバイオリンも持参で行ったので、ハゲツル先生が「せっかくだから何か弾いてよ。伴奏してあげるから」と言ってくれ、オスカー-リーディングのコンチェルトop.35の第一楽章を先生と一緒に演奏した。

「随分良く弾けるようになったんだね〜」と褒めてもらったが、「ボクの細かいニュアンスにもちゃんと合わせて来てすごいよ。でも、少し音が下がり気味なのが気になるな」という感想も。確かに、ぷっちはちょっと気を抜くと音が下がる傾向があると私も思っていた。

ハゲツル先生は「ピアノで聴音をやるときにはよくできているから、耳の問題ではないと思いますけどね〜。バイオリンのことはボク、よくわからないですが、難しいんでしょうね」と。

その後、バイオリンレッスン。今日は久しぶりに私も隣の部屋で待っていたのだが、聴いていたら音が下がりっぱなしでひどい状態。ハゲツル先生と合わせたときよりもさらに下がりまくって、キビキビ先生にずっと注意されていた。う〜ん、バイオリンってやっぱり難しい楽器なんだなあ、と思いながら待っていると、突然ドアが開いて先生が出て来て、

「今日はだめだわ。ぷっち、疲れていて腕が動かない。無理しても意味がないので、別の日にしましょう。土曜日に私の自宅に来られますか?」

それでレッスンは中止になった。

「あの、さっきピアノの先生にバイオリンの音が下がると指摘されたのですが」と聞いてみたら、キビキビ先生は「疲れて腕に力が入らないからですよ。先週はちゃんときれいに弾けたんですから、できないわけじゃないのよ」と言う。なんだ、そうなのか、、、、

水泳の後っていうのはやっぱり無理があったか、、、

ピアノでも疲れているとうまく弾けないのは同じだが、鍵盤の場合、ミスタッチが増えることはあっても音そのものが狂うことはない。バイオリンはほんのちょっとした加減で半音くらいすぐに狂ってしまうから大変なんだなあと思った。
[PR]
# by ongakunikki | 2009-05-29 00:24 | 練習記録

音楽的人生

ドイツでは音楽教育は早く技術を習得するよりも楽しむことを重点に置く先生が多いように思う。

そのためか、正当派のクラシック音楽レッスンを受ける子は割に少なく、特にピアノでは最初からポピュラー音楽を取り入れることが多い。まあ、これは日本も最近はそうなのかな?

うちの場合はたまたま、バイオリンは正当派の先生で、ピアノの方はそれなりに対応はしてくれるが最初はクラシックから学ぶのを勧める先生なので、子ども達は今のところクラシックをやっている。(たろっぴは日本ではポピュラーだったのだが)

小さい頃クラシックで音楽を始めた子どもには、そのままずっとクラシックで進んで音大に行くような子も入れば、成長の過程で別の形に出会ってそちらの方向に進む子もいるだろう。嫌々習っていたのでそのうちやめてしまって、音楽とは全くの無縁になるという子も中にはいるかもしれないけれど、私の想像ではそれは少数で、自分で演奏をしなかったとしてもなんらかのかたちで音楽と係っていくのではないかと思う。

最近、ぷっちを見ていて、彼女は正当派のままではいないだろうなと感じるようになった。技術的にまだ未熟だから「クラシックでやっていくのは厳しいかな?」と思う部分もあるのかもしれないが、それだけでなく性格的に正当派できっちりというよりもオリジナル音楽のエンターテイン系というほうが彼女にはしっくり来る。ピアノでもバイオリンでもいつも即興で曲を作って弾いている。それが彼女にとっては一番楽しいことのように見える。

この先どのようになるにせよ、たろっぴもぷっちも今ピアノやバイオリンをやっていることは何かの役に立つんじゃないかなと思っているんだけど、、、、、

ところで、クラシックとは全く関係がなさそうに見えるロックの世界の大物、世良公則さんも子どもの頃はバイオリンをやっていたのね。一瞬意外な気がしたけど、よく考えてみたらなるほどというか、あの感性の良さはバイオリンで培われたと思うとしっくりする。そういえば、さだまさしさんもバイオリン少年だったのよね。(息子さんが現在音大生だったかな?)


世良さんのインタビューが興味深かったので。


世良公則ロングインタビュー Vol.1
[PR]
# by ongakunikki | 2009-05-27 15:57 | 音楽メモ

ぷっち、1/2バイオリンに

ぷっちの念願がとうとう叶って、今日から1/2のバイオリンを使うことになった。

レッスンに行ったら、先生がすでに楽器を用意してあって、今までの楽器と交換して帰って来た。今までと同じ工房の貸しバイオリンで、レンタル料は月14ユーロ。購入するなら250ユーロだそうだ。

実は、1/2のバイオリンはたろっぴの楽器を買った別の老舗工房で購入するつもりでいた。そこだと1000ユーロもしてしまうが、後に3/4や4/4に買い替えるときにそのままの値段で買い取ってくれるという話なので、もし最終的にその老舗工房のものを購入するのなら、別の工房の方がかなり割安とはいってもレンタル料を払うだけ無駄になってしまう。

しかし、ぷっちは初めて手にした1/2のバイオリンがすっかり気に入ってしまい、「この楽器がいい!」という。楽器に頬ずりまでしている。

試し弾きをさせたら、とてもいい音!250ユーロというと数万円だから、日本の感覚でいうと安物の楽器の部類に入るのかもしれないけど、先生が選んでくれた楽器だけあって、良さそうだと思った。おそらく何年も使わないだろうし、子どもが気に入ったのならこれがいいのかもしれない。

気に入った楽器が得られて、これからますます楽しく頑張ってくれるといいな。

そういえば、昨日、ぷっちは小学校にバイオリンを持って行った。現在、音楽の授業でモーツァルトをテーマに勉強している。それで、バイオリンでモーツァルトの曲をクラスの前で披露することになった。

帰宅してから「どうだった?」と聞くと、4回も弾かされたのだそう。最後の一回は目隠しをして弾いたというので何かしらと思ったら、モーツァルトの幼少時のエピソードで、モーツァルトが目隠しをされてピアノを上手に弾いたというのがあるので、先生がふざけて「ぷっちも、目隠ししてもできるかな?」と言ったためだそうだ。

目隠ししての演奏は、「最後の方、ちょっと間違っちゃった、、、、、」らしいけれど。

ピアノの方では毎週、作曲の宿題を出されるようになった。とても楽しく取り組んでいる。
[PR]
# by ongakunikki | 2009-05-21 01:51 | コンサート

作曲と耳コピ ふたりの子ども

更新をサボっているけど、ピアノもバイオリンも練習を続けている私たち親子。

たろっぴのピアノの新課題は、ベートーベンソナタ op.6。

ソナタだなんて、いきなりレベル昇格?かと思ったらそうではなくて、このソナタは連弾なのね〜。先生は本当に連弾が好き。

ぷっちは現在、レッスンで少しづつ理論を習っている。彼女はあまり視覚タイプではなく、耳で聴けばかなり音が聞き分けられるのだけど、楽譜上で説明されるとイマイチわからないという顔をすることがある。先生もそれに気づいて、「ぷっちは感覚的にはいいんだけどね〜」と言っていた。

宿題に作曲を出されることもあって、ぷっちはそれが大好き。ただ、理論と結びつけることは今のところ難しい。「こんな感じ〜♪」といろいろなメロディーを生み出すことはできても、楽譜にするのはかなり労力がいるし、私が手伝ってやらなきゃいけない。(面倒〜)

そこで、Peter Heilbut の  Komponierbuch fuer junge Klavierspieler(若いピアノ奏者のための作曲ノート)という本を購入するように言われた。この作曲ノートには、作曲の手法が易しく説明されていて、あらかじめ半分くらい印刷された楽譜に自分で音符を書き入れて完成させられるようになっている。左手の伴奏だけが書いてあって、メロディは自分で考えるとか、そういう趣向。

これはなかなか面白そうだな〜と思う。ぷっちの感覚と頭での理解がだんだん繋がって来るといいんだけど。


ぷっちと違い、たろっぴは作曲というのはほとんどしない。するとしたら、既にあるもののアレンジくらい。

彼がもっと好きなのは耳コピで音を再現すること。コンピューターゲームが好きなので、よくゲームの曲を口笛で吹いたりしているのだが、それだけでは満足でないようで、キーボードで演奏してる。いろんなゲームの曲が弾けるようになったよ〜、と披露してくれた。

右手と左手の二声で弾いているんだけど、「ほんとはこの曲、これにギターでもう一声加わっているんだけど、キーボードで三声同時に弾くのって、指をどう動かしていいかわかんないからできないんだ」と言っていた。

旋律と伴奏とギターをそれぞれバラバラに聞き分けられるのか?と聞いたら、それはできるんだって。羨ましい、、、、、私には固まりにしか聞こえないよー。


同じように楽器を習っても、その子によって随分個性があるものだと思う。
[PR]
# by ongakunikki | 2009-04-07 17:02 | 練習記録

Lang Lang自伝とインタビュー

Lang Langの自伝をドイツ語で読んだ。

かなりショックな内容、、、、五嶋みどりさん自伝も気が滅入ったけど、こちらも本当に辛かった。

彼の父親は熱心なんていうのを通り越していて、狂気の沙汰としか私には思えず、父親の熱意があってこそ今の息子があるということは認めても、美談であるとはどうしても受け入れられなかった。

異常な子ども時代を、それほどドラマチックにも感傷的にもなることなく語っているのがまた不思議でもあり、本人は今、自分の過去をどう思っているのだろうか?と気になったり、まだ二十代の彼には過去を振り返るのは早すぎるのではないかという気がしたり、、、、、、

アマゾンのレビューを見ると、ドイツと日本はそれぞれ二人くらいしかレビューを書いていないので一般化できないとして、アメリカの方を見たら、「素晴らしい!感動!」という感想を書いている人達はほとんど中国系の人のようだ。

もちろん、同胞の中からあのように成功した人物が出たということは中国の人にとって誇らしいことであると思う。日本人から彼のような人が出たら、「親の苦労の賜物」と絶賛する日本人もきっといるだろう。

でも、メンタリティの違いというのはやはりあるのだろうなと思わざるを得なかった。欧米の読者はあの自伝を読んで、どう感じただろう。彼の父親は「天才を育て上げた素晴らしい親」とはみなされないのではないかな。気違いでしかないのでは?


そんな風に思っていたら、ゆうべたまたまドイツのテレビでランランのインタビューが流れた。短いものだったけれど、内容は自伝に関するもので、父親は否定的に紹介されていた。やっぱりなあ。

「お父さんと貴方の辛かった子ども時代について話をされることはありますか?」という問いに対し、
「いいえ。父と昔の話はできません。この話題は避けています。過去を思い出すことは父にとって、とても辛いことだと思います」と彼は答えていた。

自分が子どもにして来たことは、異常なことだったとお父さんも今では思っているのだろうか?

親の過剰な期待に子どもが潰れれば、その親は世間に非難される。でも、同じことをしても子どもが成功すれば、美談となってしまうことが多い。子どもが社会的に成功さえすれば、親の子虐待の罪は消えるのだろうか。

なんだか釈然としない気持ちが残ってしまった。

過去を変えることは誰にもできないのだからしかたがない。ランランにはこれから音楽家として幸せな人生を歩んで欲しいな。
[PR]
# by ongakunikki | 2009-04-02 17:49 | 音楽メモ

マルティン シュタットフェルト普及委員会

お知らせです。

このたび、トミ子さんの発案により、ドイツの若手新鋭ピアニスト、マルティン シュタットフェルトを日本の音楽ファンのみなさんにご紹介するためのサイトを、トミ子さんと私とで運営することになりました。

今のところ、私は何もしていませんが、、、、、早速、トミ子さんがマルティンブログを立ち上げてくださいました。著作権の問題等、不安な点があるので、今のところパスワード保持者のみのクローズドサイトとなっていますが、音楽の好きな方でしたらどなたでも閲覧大歓迎ですので、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

詳細は、こちらをご覧ください。

内容はまだ未定ですが、マルティンのインタビュー記事や映像、新譜のレビュー、コンサート批評などを中心にご紹介できたらと思っています。

以上、ご案内でした。
[PR]
# by ongakunikki | 2009-03-09 16:30 | 音楽メモ

練習状況いろいろ

子ども達はバイオリンで、Danclaという作曲家の小曲をいくつか練習することになった。

「できればピアノの先生にときどき伴奏をお願いできるか頼んでみてください」とバイオリンの先生に言われたので、ピアノ譜を持ってハゲツル先生のところに行ったら、「このくらいなら、あなたにもできますよ。がんばってやってみたらどうですか?」と言われた。見ると、確かにそんなに難しくなさそう。何日か練習したら弾ける気がする。

子どものバイオリンとピアノで合奏したいという夢が実現しそうで嬉しい。今までも子ども達はピアノ譜つきの教本を使っていたのだが、私が伴奏できるようになるよりも早く子どもがその曲を合格になってしまうので、とても無理だったから。

ぷっちは少し背が伸びて、夏休みくらいには1/2のバイオリンに昇格する予定。彼女はとても楽しみにしている。


ーーーーーーーー

ピアノの方。

私は相変わらず次々に課題を出されて、抱えている曲が15曲くらいになってしまった。とてもではないが、練習しきれない。

でも、子どもの学校の宿題などとは違い、期限があるわけではないからゆっくりやればいいのだし、何よりも先生がどんどん展開していく様子が楽しくて、つい黙って課題を受け取ってしまう。だって、一つの曲を練習してると必ず、「そういえば同じような感じで、○○という作曲家の曲があった。あれもいいかも、、、、、」なんて、無限にファンタジーの世界が広がっていくようなのだもの。

そんな先生とうちの不思議娘ぷっちは最近、とても気が合うようだ。彼女も次々に新しいアイディアが浮かぶ方なので、二人が一緒にいると止まらなくなってしまう。45分のレッスンを60分に正式に延長することに私は同意したが、呆れたことに60分でも足りず、結局延びてしまう。今日なんて1時間20分もレッスンしていた。(長引いた分は先生のボランティア)

レッスンの終わりの方には聴音の練習をしたり、目をつぶって頭の中に鍵盤を思い浮かべ、「Eの音から始めると5度はどの音?」「Fの音で始めると4度はどの音になる?」と聞かれて答えるとか、そんなことを教わるようになった。

そういえば、しばらく前にぷっちのアイディアでメロディに調の異なる伴奏を合わせるという実験をやったことがあるが、それで先生は思い出したらしく、Charles Ivesという作曲家のCDを貸してくれた。この作曲家には意図的に異なる調で作った曲がいろいろあったようで、ぷっちの気に入るかもしれないと先生は考えたのだが、案の定、彼女のツボにはまり、ぷっちは喜んで何度も聞いていた。

こちら

私は面白いとは思ったし、決して不快ではなかったが、正直よくわからなかった。

ハゲツル先生は、「ぷっちは感性豊かで、教えているととても楽しいですが、これでは時間がいくらあっても足りません。それに、彼女の自由なところは大切にしてあげたいけれど、あまり枠からはみ出しすぎても良くないと思うので、ある程度はきっちりやらなければ」と言っていた。でもそれって親の私に対してというより、ご自身の反省というふうでもあった、、、、、

私としては、レッスンを無限に延長されたら困ってしまうけど、先生もぷっちも楽しくレッスンしているのだったら、やり方や内容には注文をつける気は全然ない。バイオリンのキビキビ先生はまた違うスタイルだし、そこでバランスが取れる面もあるだろうと思うので、どちらの先生にもそれぞれのやり方で教えて頂ければと考えている。

ぷっちのピアノの目標は「いつかモーツァルトのトルコ行進曲を弾くこと」だそうで、「先生。私はあとどのくらいしたら弾けるようになる?」と大胆質問をして、笑われていた。「そうだね。あの曲はもうちょっと手が大きくならないと上手に弾くのは難しいから、ぷっちがどのくらい早く大きくなるかにもよるね。でも、トルコ行進曲はまだ無理でも、モーツァルトの他の曲でそろそろできるものもあるから、少しづつやってみようね」と言ってもらって、本人はそれなりに納得。

なんだかぷっちの話ばかりになった。実はたろっぴはここのところ風邪気味でちょっと停滞中。
[PR]
# by ongakunikki | 2009-02-27 07:34 | 練習記録